子ども達を対象として信濃町での教育旅行ホームステイを推進している「信濃町農山村生活体験受入の会」と、一般客も対象として信濃町での農泊体験を推進している「信濃町農山村活性化推進協議会」がひとつになって、一般社団法人 Farmstayしなのを設立しました。

信濃町にある豊かな自然や農林商工業・生活文化等の生業、さらにはこの地で暮らす人々の本来の姿を知ってもらい、受入家庭の生き様や誇りを体験者である子ども達に伝える人間教育を目指して教育旅行ホームステイに取り組みます。

また、信濃町への農泊による訪問者増加を図るべく、地域農業者と商工観光業者が協力しながら都市と農山村地域間交流や地域外からの誘客のための普及啓発活動と、加えて信濃町への移住、定住促進活動も行い、農泊を観光ビジネスとして自立的に活動できる体制を構築し、農山村の所得向上につながる事業の実現を目指します。

当法人の事業内容

         当法人は、信濃町を活性化することを目的とし、その目的に資するため次の事業を行います。

(1)都市と農山村の地域間交流を促進するための活動

(2)農家民泊等による来訪者の増加を図る活動

(3)郷土料理作り、農林漁業作業プログラム、地域の文化・歴史資産活用プログラム、

     地域の健康増進プログラム等の体験による来訪者の増加を図る活動

(4)農家民泊施設・体験施設等の拡充

(5)農産物の加工及び販売

(6)特産品等の研究開発及び販売

(7)旅行業法に基づく旅行業

(8)観光、農業その他の産業の振興に関する活動

(9)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 

組織構成

  当法人は以下の社員からなる一般社団法人です。

(1)正社員: 入会金と年会費を収めた個人または団体

(2)賛助社員:当法人の事業に参画するために入社した個人または団体

 

  当法人の役員構成

(1)理事:最大8名(うち1名が代表理事会長)

(2)監事:最大2名

       (3)顧問、相談役、参与:若干名

  当法人内の専門グループ

(1)受入委員会:教育旅行ホームステイを担う社員(会員)の世話役。その代表者が受入委員会長となります。

(2)法人活動の拡大により順次機能別委員会を設置予定。

 

  当法人の事務局

(1)常勤理事1名

(2)パート要員数名(パート職員、町職員、受入委員会委員)

 

当組織の定款

   Farmstayしなの定款(PDF形式